スニーカー、ストリートウェアの情報を伝えるブログ

PremaX Blog

売買はコチラ→

プレマエックス

Home

 

>

 

PremaX

               

Supreme × NIKE AIR JORDAN 14(シュプリーム×ナイキ エア ジョーダン 14)について

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像トップ

リーク画像等で発売が噂されていたモデルがついにリリースされる。

supreme(シュプリーム) × NIKE AIR JORDAN 14(ナイキ エア ジョーダン 14)とはNIKE(ナイキ)の人気ブランドのJORDAN(ジョーダン)シリーズと

世界的スケーターブランドのSupreme(シュプリーム)のコラボレーションモデルである。

ほんきじではそんな話題の1足を詳しく紐解いてみた。

 

 

1.supreme × NIKE AIR JORDAN 14(シュプリーム×ナイキ エア ジョーダン 14)について

supreme × NIKE AIR JORDAN 14(シュプリーム×ナイキ エア ジョーダン 14)とは国内で2019年6月15日のWeek16に発売が予定されているスニーカー。

カラーは2色での展開が発表されており、

ホワイトベースのものとブラックベースのリリースが予定されている。

レザーのアッパー部分には多数のスタッズを施し、シューズのいたるところに

Supreme(シュプリーム)のロゴやボックスロゴを散りばめたデザインになっている。

コラボのベースとなったAIR JORDAN 14(エア ジョーダン 14)とは

1998年に登場したモデル。

マイケルジョーダンが当時乗っていた愛車のフェラーリ550マラネロからインスピレーションを受け作られた。

1998年6月14日にNBAファイナル第6戦でジョーダンが履いていたモデルとして有名である。

ジョーダンがシカゴブルズで最後にプレーした試合であり、

試合の残り5秒でウィニングショットを決めブルズを6度目のチャンピオンシップ制覇に導いた。

フェラーリをモデルにしているとだけあってスポーティーなデザインの見た目に仕上がっている。

 

2.Supreme(シュプリーム)とは

ニューヨークにあったセレクトショップ「UNION NYC」のオーナーであった

James Jebbia(ジェームス・ジェビア)が1994年4月にニューヨークの

マンハッタンのラファイエット通り274に設立したスケーターブランド。

ジェームス・ジェビアは設立前はUNIONを経営しながらstussy(ステューシー)で働いていた。

店内を広々としたデザインにしごちゃついたデザインの内装ではなく

高級感ある内装にしあげ中央を広く開けることで組み立てたスケボーで滑れるスペースを設けた。

当初の店舗は地元のスケーターたちのたまり場として愛されていたようだ。

 

Supreme(シュプリーム)は独自のプロモーションマーケティングでその知名度を上げることに成功する。

それは他社のポスターの上に自社ステッカーを貼ったり

NYの町中にステッカーを貼りまくるというもの。

当然他社から抗議は受けたもののそういったプロモーションで雑誌で特集されるなど効果はてきめんであった

オリジナルのデザインが人気を博したためジェームズ以外がデザインしたものも増えていった。

「シンプルでクリーンなもの、当時の人が思いもしないような服を作っていた。僕は服を作るときは、自分が”着たい”と思うものしか作らない。」

と彼は語っている。

 

その後定番となったボックスロゴは

アメリカの女性アーティストのバーバラ・クルーガーの有名な作品である、

フランスの哲学者ルネ・デカルトの名言「I think therefore Iam(我思う、ゆえに我あり)」の

パロディアート「I shop therefore I am(我買う、ゆえに我あり)」である。

 

現在では多くの海外アーティスト、ミュージシャン、セレブなどに愛されている。

 

日本での地位を確立したのは裏原宿文化が大きく影響した。

裏原宿文化を支えていたブランドのディレクターやデザイナーに着用してもらうことで

日本国内にSupreme(シュプリーム)というブランドを確立させていった。

さらに当時インターネットはそれほど普及しておらず、

ストリートファッションの発信源であった男性向け雑誌に

窪塚洋介をモデルとして起用し国内での不動の地位を確立した。

 

3.supreme × NIKE(シュプリーム×ナイキ)の歴史

Supreme(シュプリーム)とNIKE(ナイキ)のコラボレーションは2002年から始まった。

なぜこのコラボレーションが実現したかというと

NIKE(ナイキ)にはスケーター用シューズのNIKE SB DUNK(ナイキ エスビー ダンク)というシューズがあったからであろう。

今となってはファッションアイテムとして有名になり世界的人気ブランドとなったSupreme(シュプリーム)だが

もとをただせばスケーターブランドとして設立したため現在でもボード関係は発売されている。

そのためスケーター向けのコラボレーションがスタートであると推測される。

2002年以降は2005年,2008年を除いて毎年販売されている。

 

2002年に発売された最初のモデルは当時絶大な人気を誇っていたSBとのコラボで

人気のエレファント柄をアッパーに落とし込んだデザインのモデルであった。

近年ではSBのみならずAIR FORCE(エア フォース)やAIR JORDAN(エア ジョーダン)などのコラボがも実施されており

スニーカーのコラボのみならずアパレルのコラボも注目され人気となっているコラボレーションだ。

スニーカーのコラボは年によって賛否両論あるデザインもあるが

人気モデルだけに1足は確保しておきたいコラボであることに違いはない。

 

4.偽物について

過去発売されてきたSupreme(シュプリーム)とNIKE(ナイキ)のコラボは人気モデルであるほど多くの偽物が流通した。

今回も多くの偽物の流通が予想される。

今後偽物が確認でき次第サイトやSNSで公開していこうと思う。

まず第一に気を付けてほしいのは価格である。

適正価格を大幅に下回る場合は偽物である確率がグッと上がる。

PremaXでは鑑定サービスというものも行っているのでサイトで確認してみてほしい。

 

5.価格について

過去発売のSupreme(シュプリーム)とNIKE(ナイキ)のコラボレーションスニーカーは

アフターマーケットで定価以上の価格で取引されることが多く

JORDAN(ジョーダン)ブランドとのコラボは定価の数倍の価格で取引されている。

今回のデザインはスタッズを散りばめることでラグジュアリーな印象で

定価の数倍程度で取引されることが予想される。

PremaXでは鑑定を挟んだ販売購入が可能となっており

発売後から取引が可能になるのでサイトで価格等を確認してみてほしい。

 

6.商品詳細情報

商品名:Supreme × NIKE AIR JORDAN 14 WHITE/BLACK(シュプリーム×ナイキ エア ジョーダン 14)

価格:$248

色:White/University Red/Black/Varsity Royal-Chrome

商品番号:BV7630-106/BV7630-004

発売日:2019年6月15日

 

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像1

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像2

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像3

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像4

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像5

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像6

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像7

supreme × NIKE AIR JORDAN 14の画像8

2019年06月12日

タグはありません。